「パパ…ゆうりはこんなにされて快感を感じるはしたない女の子です。」イラマで感じながら目を見開いて痙攣してイクまでに仕上げ、無毛マンコから白濁の精子が溢れ出す光景は征服欲を満たしてくれる。手足を拘束して更に徹底的に開発する。男にとって小さくて窮屈なパイパンマンコは性欲処理道具にしか過ぎない…。