息子と嫁が留守中にやってきた義父。寝室にて嫁・カスミの枕の匂いを嗅いで嫁を待つ義父。カスミが帰宅すると生活費をねだる義父だが、今日も嫁のカラダを求め息子と比較をさせながらカスミの美しくも卑猥なカラダを貪るのだった。濃厚なキスから次第にパンティの中に手を入れるとパイパンから透明な愛液を滴らせ、夫よりも固い義父のデカチンポを無理矢理喉奥へと捻り込まれる。その都度、だらしなく唾液を垂らし口元を汚す。膣奥にそのデカチンポで蓋をされると溜まらずに腰を浮かせて昇天するのだった。